匿名での相談が借金問題解決の第一歩でした

こちらは、「債務整理できるかどうか」ということをシミュレートし、弁護士さんまで紹介してくれる便利なサイトです。
無料で、しかも匿名で利用できるので、お悩みの方は使ってみてください。

 

このサイトは私の夫が作った借金を、弁護士の先生に相談することで、見事に借金が減額されたという体験談を綴ったものです。
世の中には旦那の借金だけでなく、妻の借金、息子や娘など家族が作った負債や債務で、お悩みの方が多いかと思い、少しでも参考になればという思いで、このサイトを立ち上げてみました。
自分なりに法律の勉強もしました。お金をかけたくないと債務整理を自分で行うことだってできるのです。それでも、やはり専門家にお願いするのがベストです。

 

費用は必要ですが、成功報酬後払いですし、分割などにも対応してくれます。何より相談した翌日から借金の催促がとまるというのが一番のメリットです。
借金の悩みなど、赤の他人に相談したくない。できれば自分だけで解決したいと思う人がほとんどでしょう。しかしその思いが払わなくていい金利を積み重ね、債権の回収に悩まされ、心が折れてしまうのです。
たしかに、法律家への相談というのはハードルの高いことですが、このサイトをきっかけに借金返済と向き合っていただきたいと思います。

 

私の借金減額の体験談

旦那の借金が発覚したのは、いつも通りの生活を送っていたある日のことでした。
私は通販が好きでいろんな会社から購入しているのでたくさんダイレクトメールが来るんですよね。なので、郵便物はいつもいっぱい。
ぱっと見て「あっ、通販のヤツだな」と思ったらゴミ箱に直行させていました。

 

その日もいつも通り、数通の封書やハガキが我が家のポストにぎっしりと詰まっていました。パート帰りに中を開けて、鼻歌を歌いながら順番に見ていくと、とある封書の番が来た時に手が止まりました。

 

そこには、消費者金融の名前……宛名は旦那で、明らかにチラシではない。
【重要】と書かれた文字に取り憑かれたように動きも鼻歌も止まりました。

 

普段だったら旦那宛の封書なんて開けません。夫婦といえど、プライバシーがありますからね。
でも、この時ばかりは【重要】という文字に手が操られるかのように、気が付けば封を開けていました。

 

中に入っていたのは、借金残高の書かれた紙……金額は、私たち庶民夫婦の貯金額を余裕で超えている……

 

私はダイレクトメールをゴミ箱に捨てるのも忘れて、ただぼんやりとその数字を見ていました。今度は数字に取り憑かれてしまったようでした。

 

相次ぐ罵り合いで、家庭が地獄と化した

そんな状態のまま、どれぐらい時間が経ったでしょうか。旦那が鼻歌を歌いながら帰ってきました。
呆然とする私に「どうしたの?」といつもの笑顔で言う旦那……でしたが、私の手元の紙を見て顔色が変わりました。

 

そして第一声。
「なんで人のモノ勝手に開けるんだよ!!!」

 

私の中で何かプツンと糸が切れるような音がしました。

 

そこからはもう、罵り合いに次ぐ罵り合い。
「何に借りたの!」
「ちょっと遊びに使っただけだよ!」
「これのどこがちょっとなのよ!!!」

 

罵り合いに疲れた後、旦那はリビングでビールを飲み始め、私はベッドで枕を抱きしめてしくしくと泣きました。
離婚するか、借金返済生活をするか……

 

収入は少ないけど、優しくて友達が多くて明るい旦那。引っ込み思案な私とは正反対のステキな人。だけど今、借金という泥が塗られた。私はまだ彼をステキと思える……?

 

そう悩んでいた時に、旦那が傍に来て言いました。
「ごめんね」
たったこれだけの言葉だったんですが、私はなぜか彼を許す気になりました。
心のこもった言葉というものは、下手な言い訳よりも怒りを溶かしてくれるものですね。

 

冷静に借金の理由を聞くと、少しだけ、少しだけのつもりが積もりに積もってしまったんだと。友達思いの彼は、友達からの誘いを断ることができなくて思わず手を出してしまったんだと。

 

しかも話を聞いてみると、実はこの一社だけの借り入れではないそうで……
3社ほどから少しずつつまんでいたそうです。なんてダメ男……

 

呆れながらも、一度は生涯の伴侶と決めた人。
病める時も健やかなる時も借金が重く圧し掛かるときも、夫婦であろうと決心しました。

 

その日から、2人での借金返済生活が始まりました。
今まででもラクな生活でもなかった私たちの生活は、さらに切り詰めたものとなりました。
野菜といえばもやし。飲み物といえば水道水かお茶。
そんな生活を続けて、無理をしてでも1年で返済しようと2人で約束したんです。

 

自己破産はしたくないという思い。そして完済へ

しかし、そうした生活を続けていくうちに心はすさみ、ケンカが多くなりました。
旦那も家を開ける時間が増え、帰宅した彼を「おかえり」ではなく「また借金増やしたんじゃないでしょうね」と迎えるようになり、借金より先に会話が減る一方。
私は疲れ果ててしまいました……。

 

何とかラクになれる手立てはないものかと考え、インターネットでいろいろと検索をしてみました。
まだ自己破産はしたくない……どうにかして借金をなくす、否、減らすだけでいい。どうにかできないものか。

 

そう思って検索していて出会った言葉が「債務整理」という言葉です。
なんとなく聞いたことはあるけれど、うちの借金にも適用できるんだろうか……もっと金額が多い人にしか適用されないんじゃないの?そもそも債務整理って何よ???

 

そんなことを考えていて出会ったのが「債務整理シュミレーター」です。
誰にも会わず誰にも話さず、機械的に債務整理でどのぐらい借金を減らすことができるかということがわかるというもの。私はぼんやりとしながら機械的に情報を入力していきました。

 

ボタンを押すとすぐに結果が出ました。
すると、「任意整理という手段によって月々の返済額を減らすことができるだろう」という結果が出ました。

 

私は喜んでそのまま債務整理の相談に行き、申し込みました。

 

無事に任意整理の手続きが終了し、借金の総額が減りました!このおかげで月々の返済額も減ることになり、私は大喜びで旦那にそのことを伝えました。
この日は久しぶりに「おかえり」と言った気がします。

 

旦那は話を聞くと一瞬笑顔になったあと、ぼろぼろと泣き出して「そんなことまでさせて、本当にごめん」そう言いながら私を抱きしめてくれました。

 

おかげさまで、すでに借金は完済。
すでに貯金も始め、子作り計画も進行中です。

 

借金返済のことがよくわからないという方へ

漫画で見る借金返済

 

全31ページ、任意整理、自己破産など債務整理や借金問題についてオール4コマ漫画で、わかりやすく解説しています。
女性弁護士先生の一言コメントがわかりやすいと評判です。
特に、法律と聞くと頭が痛くなる女性も多いでしょう。
真剣に借金のことと向き合いたいと思うかたは、情報収集の第一歩としてご利用ください。